格安航空券サイト「スカイチケット」を必ず使うべき10の理由【口コミ・評判まとめ】

国内・海外の格安航空券予約販売サイト「スカイチケット」は、24時間365日いつでも最安値を検索・比較し、空席情報をもとにお得に格安航空券を予約・購入できます。

格安航空券の予約・購入サイトは他にもたくさんありますが、スカイチケットは価格と利便性に定評があり、国内の格安航空券を中心に取扱量を急速に伸ばしています。

なぜ、「スカイチケット」が評判が高く、業績を伸ばしているのか、旅行歴150カ国以上の旅プロな筆者がその理由をまとめました。

スカイチケット」は、国内・海外の格安航空券予約販売サイトです。

「24時間365日いつでも最安値を検索・比較し、空席情報をもとに、最安値の格安航空券を短時間で予約・購入できる便利でおトクなサービスである」と、20~30代を中心に評判が高く、国内格安航空券を主力に取扱高が急激に伸びているOTA*サービスです。

しかし、口コミが少なかったり、名前が似ていることから、「スカイマーク」と混同されたり、また、広告やCMが流れていないので、まだまだ認知度が低いサービスです。

一方で、「スカイチケット」は、リピート率が40%以上といわれています。1回利用すると、また、使いたくなるサービスなのです。

「スカイチケット」をまだ利用したことのない方のために、「スカイチケット」を使うべき10の理由をまとめました。同サービスの評価・評判を気になっていた方は是非参考にしてみてください。

*OTA(Online Travel Agent)=インターネット上だけで取引を行う旅行会社

格安航空券スカイチケットはこちら

① とにかく安い


「スカイチケット」は、何といっても格安航空券販売サイトの中で最安といえる価格の安さで評判です。

例えば、2015年1月15日の東京・福岡間のJAL303便の普通運賃は、JALのサイトから直接購入する価格は、41,390円。

「スカイチケット」で予約、購入すると、29,040円+取扱手数料1,080円=30,120円で、11,189円もおトクです。

これは、このサイトの評価・評判が高いのも頷けます。ただし、「スカイチケット」は株主優待券を仕入れて価格を下げて販売するという仕組みなので、スカイマークのように株主優待券を提供していない航空会社の販売価格との差はありません。

skyticket.jp – 格安航空券 スカイチケット‎

② 支払方法が便利で手数料が安い

「スカイチケット」は航空券の価格の安さだけでなく、「支払方法が便利で手数料が安い」という評判です。

「スカイチケット」で格安航空券を購入した際の支払方法は、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込の3つがあります。

クレジットカード決済の事務手数料も3%で、「空旅.com」の4%と比較するとおトクです。コンビニ決済の場合は、手数料が1,080円(税込)かかりますが、「空旅.com」は、4%の事務手数料ですので、27,000円以上の格安航空券を購入する場合は、「スカイチケット」がおトクです。

銀行振込の場合、事務手数料はかかりません。振込手数料は客側の負担になりますが、銀行振込先には、ゆうちょ銀行があるので、振込手数料を安く抑えることができます。

「空旅.com」は、銀行振込でなく「Pay-easy」による決済になりますが、事務手数料が4%かかります。こうした実態がスカイチケットが評価されている要因だと思われます。

③リピーター割引で、2回目以降はさらに安い

「スカイチケット」で格安航空券を購入すると、2回目以降の購入の際に500円の割引をしてもらえるというリピーター割引のサービスがあります。

「スカイチケット」のリピート率は、40%以上あるといわれていますが、リピートすることによって、さらに安い価格で航空券を購入できるリピーター割引とサービスの快適性が高いという評判によるものです。

④365日・24時間、当日1時間前まで予約できる

「スカイチケット」は、LCCだけでなくJALやANA などの大手を含め、国内線13社、国際線では400社以上の格安航空券を取り扱っており、365日・24時間、いつでも検索・予約・購入できます。

また、会員登録をしなくても利用でき、会員登録をしていなくても前回の申込み番号を入力すれば、リピーター割引が利用できるので、利便性の高さで評判です。

⑤横断検索機能がスゴイ!

「スカイチケット」は、格安航空券の価格の安さだけではなく、メタサーチといわれる横断検索機能の高さも評判です。

365日・24時間いつでも最安値と空席情報を検索・予約・購入できるだけでなく、航空会社別に検索でき、時刻表、航路、機内サービスなどの個別の情報を調べることができます。

⑥サイトがリニューアルして使いやすい

「スカイチケット」は、2015年8月にサイトを大幅にリニューアルし、会員登録機能やメッセージ機能、申し込み履歴の確認などの機能の追加、支払方法の改善など、検索機能の向上とともに、他の格安航空券サイトに比べて、さらに効率よく快適な検索サイトになったと評判です。

⑦スマホアプリも登場!

「スカイチケット」は、2015年5月に、スマートフォンアプリ「skyticket」の提供を開始しました。

スマートフォンで、格安航空券を365日・24時間いつでも、外出先や出張先でも、「スカイチケット」のサービスを利用することができます。

時間・場所に関係なく、最安値の格安航空券を手軽に検索・予約・購入できるので、特にビジネスで利用する方には、評判です。

⑧領収書を発行してくれる

「スカイチケット」では、格安航空券を購入した際、振込依頼書、クレジット利用明細書等など税法上認められいる領収書以外に、領収書が必要な場合は、決済後、サイトから自分で領収書(PDF)で発行することができます。

ビジネスでの利用で振込依頼書等を紛失した時など、大変便利だと評判です。

⑨チケットレスサービスが便利

「スカイチケット」は、格安航空券の受け渡しは、チケットレスサービスを利用できます。

メールやFAXで送られてきた「予約番号」や「確認番号」を自動チェックイン機で入力したり、チェックインカウンターで伝えることでチェックイン手続ができます。

ただし、スカイマークの場合は、メールもしくはFAXで送られてきた「航空券引換証」の二次元バーコードを自動チェックイン機にかざすか、チェックインカウンターで「航空券引換証」を提示しなければなりません。

しかし、どの航空会社の格安航空券を購入しても、チケットレスサービスは、郵送での受け渡し方法に比べて、利便性が高いのが評判です。

⑩運営会社の信頼性が高い

運営会社の株式会社アドベンチャーは、2014年に東京証券取引所マザーズに上場し、高い信頼性が評価されています。本業であるスカイチケットの運営に加え、世界のオプショナルツアーの予約サイト「WannaTrip」や、訪日外国人向けのインバウンド事業など、新規事業にも力を入れています。

格安航空券販売市場でのシェア拡大、インバウンド需要の増加による新規事業の拡充など、今後の成長が期待されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LCC人気も高まり、格安航空券サイトを知らずに旅行する人は損をしてします世の中です。次の旅先を探す際は、ぜひスカイチケットを利用してみてくださいね。

格安航空券スカイチケットはこちら

暮らし

Posted by よしじゅん