合宿免許のローン払いは可能ですか?

2021年10月4日

「免許を取得したい」と思ったら、まずはお金です。普通の運転免許証は約30万円で、学生が簡単に準備できる金額ではありません。そこで、運転免許取得基金の「ローン」が活躍しています。

「ローン・分割払い」とは、一度に多額の支払いをするのではなく、返済期間を決めて毎月の分割払いをすることです。手元にたくさんのお金がなくても大きい金額の買い物を行うことができますが、分割期間が長いほど、金利は高くなります。ただし、分割払いで無理なく免許を取得できるのは大きなメリットです。お金を節約する前に、免許の取得を開始できます。

今回は、合宿免許でローンや分割払いができるかどうかや、運転免許ローンなどの支払い方法を詳しくご紹介します。

運転免許証の支払い方法。ローンとは何ですか?

すぐに運転免許を取得したいのですが、今はお金がありません!その場合。 「貯まるまで待つ」と、言うのも難しいので、「借りる」か「分割払い=分割」のどちらかを選ぶと思います。今回は、借りたお金を分割払いできる「ローン」について説明します。

ローンを使って支払うと、(1)お金がなくても支払うことができます(自動車教習所に行くことができます)(2)毎月支払うことができる金額を返済することができます。のようなメリットがあります。

ローンは「あなたに代わって最初にお金を払う」ものです。ローンを組めば、自動車教習所に全額支払うことができます。また、借り入れ金額の返済期間や月々の返済額を設定できるので、急いで免許を取得したい方に大変便利です。

ただし、借入金額には「利息・利率」が発生し、その金額が貸付会社の利益となります。支払い期間が長いほど(毎月の支払い額が少ないほど)、ローンの利息が高くなるため、支払い可能な金額を計算して、最短時間で支払いを完了する必要もあります。

また、事前審査があるため、ローンの利用が可能とは限りません。万が一、試験に合格しなかった場合は、「クレジットカード決済」または「銀行振込」でお支払いいただきます。

基本的に、高校生の場合は、親または保護者に代わってローンを申し込むことができます。 18歳以上の未成年者でも、両親の同意を得てローンを組むことができます。

合宿免許の場合は、次の3つの支払い方法が多いです。

銀行振込

クレジットカード決済

ドライバーズローン

銀行振込は「一括払い」にすることはできません。

クレジットカード払い、または ドライバーズローン払いの場合、あなた(またはあなたの親または保護者)が契約しているクレジットカードを使用して支払います。

カードを分割できる回数と金利はここでは決定できません。これは、顧客とカード会社の間の契約によって異なります。 ※学生カードの場合、「限度額」が不足しているため、お支払いができない場合があります。

のドライバーズローンを使う場合は、クレジット会社「ジャックス」を通して支払います。

研修費の支払いの流れ。通常は、2回に分けて支払いとなります。

【初回】申し込みから5日以内に、研修費全額から【申し込み料15,000円】をお支払いします。
【2回目】入会2週間前までの残金のお支払いとなります。

※入校までの日数が少ない場合は、一括払いとなります。

教習費総額が25万円だとすると

【 お申込み料金】お申込み後5日以内に15,000円をお支払いします。
【 残高】入会2週間前までに235,000円の残高をお支払いします。
※お申し込みから5日以内に全額お支払いも可能です。
※入学日数が足りない場合(14日以内)は、申込み翌日までに全額お支払いします。
【クレジットカード決済の場合】
クレジットカード決済は、 のお申込み料金と の残高の両方でご利用します。また、カード契約の内容に応じて分割払いを設定することができます。
※ご利用いただけるクレジットカードはVISA / Masterのみです。

【ドライバーズローンを利用する場合】

お申込み料金15,000円は現金またはクレジットカードでのお支払いが必要です。ローンの申し込みは、 の残高のみとなります。 ※お申込み料金を増やして、ローンの金額を減らすこともできます。

ローンができる場合とできない場合。
誰もがローンを組むことができるわけではありません。審査の詳細は明らかにされていませんが、ここではローンができる人とできない人の傾向を紹介します。

ローンを組むときは、「継続的な返済」に重点が置かれます。毎月一定の収入があり、信用情報に問題はなく、他社からの借り入れも少ない。大学生の方はご自身でローンを申し込むことができます。この場合、親権の保証人が必要です。保証人が通れば、高校生でもローンを受けることができます。
ローンが受けられなかった場合、クレジットカードの滞納、家賃の滞納、複数の会社からの多額の借り入れがある場合、またはブラックリストに載っている場合は、通らない可能性があります。

ドライバーズローンの組み方

ここでは、ドライバーズローンの作り方を説明します。

申し込み方法
申し込み後、ドライバーズローンでの支払いを希望する旨をメールまたは電話でご連絡します。
その後、PCまたはスマートフォンからWebに申し込むだけです。来店や紙の記入の手間をかけずに申請できます。

【支払いシミュレーション】

※金額は目安です。

25万円を36回に分けた場合

お支払い上限は36回です。25万円を36回で割ると次のようになります。
初回のお支払いは11,425円です。その後、月額8400円×35回お支払いとなります。
お支払い総額は305,425円です。分割手数料(利息)は55,425円で、総額から25万円を差し引いた金額です。

25万円を24回払いの場合

初回のお支払いは12,950円です。その後、月額11,900円×23回お支払いとなります。
お支払い総額は286,650円です。分割手数料(利息)は36,650円で、総額から25万円を差し引いた金額です。

上記の例では、分割料金の違いにより、24回払いの方が36回払いより18775円安くなっています。毎月支払う余裕がある場合は、支払い回数を減らすことをお勧めします。

運転免許ローンに申請したときの注意事項

事前審査は、免許だけでなく、ローンを組むときに常に行われます。
そのため、申請直後は運転免許ローンはご利用いただけません。試験に合格しなかった場合は、基本的に別の支払い方法を選択します。再申請は可能ですが、条件を確認せずに済ませることは困難です。

不合格となった場合は、すぐに再申請しても審査してくれません。失敗の原因を考えて改善しないと、同じ失敗をする可能性が高くなります。

例えば、ローン金額を減らしてみる。などを行うと、審査が受かる場合があります。
ただし、現在の借入状況や収入などで合格しなかったと思われる場合は、すぐに受かるすることが難しいため、他の方法を検討する必要があります。

まとめ

今すぐ免許を取得したい場合は、ほとんどの人がローンを使って、免許を取得するということを説明しました。ただし、ローンを組むときは審査に通る必要があります。普段から支払いを意識することで、ローンの審査も通りやすくなります。運転免許ローンを有効活用し、免許取得の負担しましょう。

合宿免許

Posted by ハルカ