【ママが選んだ】流せるおしりふきおすすめ比較10選!

2021年11月26日

子供や赤ちゃんのお尻を清潔に保つのに欠かせないおしりふきですが、色々な種類があり迷ってしまますよね。

またママさんによってはおしりふきに含まれている成分が気になり、化学薬品が使用されていない天然素材でつくられたおしりふきコットンを使う等、譲れないこだわりもある事でしょう。

そんな中でも布おむつやトイレトーレニングが始まった子供によく使われている、流せるおしりふきはご存知でしょうか?布おむつを使っていなくても便利なのでおすすめですよ♪

今回は人気の流せるおしりふきをご紹介していきます!

もくじ

流せるおしりふきおすすめの選び方

流せるおしりふきを選ぶ時のポイントをご紹介していきます。

子供や赤ちゃんのお尻はかぶれやすく繊細なので、注意しないと肌荒れの原因になってしまう事も…。

トラブルなく、子供や赤ちゃんが快適に過ごせるように、ママさんがおしりふきをしっかりと吟味して選んであげましょう。

水分量の多さで選ぶ

水分をたっぷり含んだおしりふきシートは、軽く拭うだけでこびりついたうんちなどの汚れも洗い流すように落ちるのでおすすめです!

水分が足りないおしりふきを使用すると、汚れが落ちにくいので何度もこすることになり、子供や赤ちゃんお尻が摩擦と乾燥で肌荒れしていまいます。水分量の多いおしりふきシートは摩擦とは無縁なので、肌荒れの心配もありません。

紙が赤ちゃんを傷付けないか

また、おしりふき紙の質感にも注意が必要です。

厚みのあるおしりふきは拭いている手が汚れにくく、衛生的に使えます。しかし、厚手のおしりふきは紙が固い分肌ざわりが悪く、子供や赤ちゃんの肌を傷つける可能性もあります。

逆に、薄くて柔らかい紙は汚れは手につきやすいですが肌ざわりは優しいので、肌が弱い赤ちゃんにとてもおすすめです。

赤ちゃんの肌にとって優しい成分か

赤ちゃんや子供のお尻はとてもデリケート。肌に悪い成分やケミカルな成分はなるべく使用しないか、仮に使用されていたとしても最小限の量にしたいです。

「ノンアルコール」「無香料」「パラペン不使用」などが書かれた安全性の高いおしりふきを使うようにしましょう。最近では水99.9%などほとんどが水で出来たおしりふきシートが人気です。

また、おしりふきコットンと言って、汚れを落とすときに水で濡らして使うタイプもあります。こちらは成分が100%水で水分量もママが調整できるのでおすすめです♪

家用用or携帯用か

自宅やトイレにおいて使用する場合は、1パックあたりの入り枚数が多いおしりふきが長く使え、経済的でおすすめです。

逆に外出先で使用する場合は、携帯用の枚数の少ないものを選びましょう。荷物が多くなりがちなママバッグがかさばらず、重くならないので快適です。

ただ、携帯用のパックはあっという間に使ってしまうので、こまめにストックを買って、お出かけの前におしりふきの量を確認して補充しておくようにしましょう。出先で「しまった!おしりふきがない…。」という事態になることも!

ケース・容器は使いづらくないか

おしりふきを使う際に、ケースや蓋が使いやすいものを選ぶとおむつ替えがスムーズになり、便利です。

枚数が多く家で使うのに適した大容量パックのタイプは、乾かないようにおしりふき専用容器に入れて使うのがおすすめ。おでかけ先で使う時には家で使う容器だとかさばって不便なので、蓋だけをパックに貼って使うタイプのものがおすすめです。

また、薄いビニール素材を使用したおしりふきケースもあります。ポーチのように軽くて薄いのでお出かけにぴったりです♪

安いかどうか・コスパで選ぶ

おしりふきの用途はおしりをふくだけでなく、お食事の時に汚れたや口や場所を拭いたりと多岐にわたります。とにかくたくさんの枚数を消費するので、おしりふきのコスパもとても大事になってきます。

しかし、安さだけで見ると素材や成分が悪く、子供や赤ちゃんの肌が荒れる原因になるかもしれません。安さだけでなく成分や素材も見て「成分が安心で1パック〇〇枚入りでこの値段なら妥当ね!」という風にこわだりポイントを抑えつつ、予算をしっかり決めて購入しましょう♪

流せるおしりふきのメリット・デメリット

とても便利な流せるおしりふきですが、そのメリットとデメリットについても見ていきます。

ママと赤ちゃんにとって本当に使い勝手がいいのか、見極めるポイントを押さえるとさらに安心ですね♪

メリット①|ごみが減る

おむつのごみはとにかくかさばるので困ります。1日に何回もおむつを取り替えるので、ごみ箱は可燃ゴミの日が近づく頃にはパンパンです…。

おしりふきシートを使うと、うんちとおしりふきシートをトイレに流せるので、おむつの量が減らせてごみ箱もかさばらずコンパクト!

おしっこの時も同様にトイレに流せるので、その分ゴミが減るのは嬉しいポイントです。

メリット②|においが気にならない

おしりふきシートが流せると、おむつをコンパクトに捨てる事が出来るので匂いも軽減されます。

それでも匂いが気になる方は毎回ポリ袋に入れて、口をしっかり縛り匂いが漏れないようにすると良いでしょう。

また、しっかりと密閉されて匂いが外に漏れない高機能のおむつ専用ゴミ箱を利用すると、おむつの匂い問題を解決できるのでおすすめです。

メリット③|そのままトイレに流せるので楽

紙おむつ時代は流せないおしりふきシートでもあまり気になりませんが、トイレトレーニングが始まると子供自身できれいに落とせなかった汚れをママが拭いてきれいにします。その際、水に流せないとトイレから出ていちいちシートをゴミ箱に捨てに行かないといけないので、少し不便。

また、布おむつを使っている場合、毎回おむつを洗わなければいけないので、手間ですよね。流せるシートならそういった作業が発生しない分、断然らくちん♪

このように子供の成長や状況に合わせておしりふきシートも使い分けると、毎日の負担が軽減されます!

デメリット①|シートが破れやすい

流せるおしりふきはトイレで流しても詰まらないような構造になっているため、通常のおしりふきに比べて強度が弱い傾向にあります。

おしりを拭くときやシートを取り出すときは、破れないように注意しましょう。

デメリット②|紙が固めのものが多い

紙質が固いと、子供や赤ちゃんがおしりを拭いているときに痛がったり、おむつ替えを嫌がるようになるかもしれません。

また、お肌への負担が大きく肌荒れの原因になってしまいます。出来るだけ柔らかい素材のものを選んであげましょう。

デメリット③|大きいものだと外出時荷物になる

家に置いておく分には大きい容量のおしりふきでも全然問題ないのですが、外出時には大きいものだとかさばり、荷物になります。

外出する際には携帯用のおしりふきを準備すると良いです。入り枚数でお家用とお出かけ用を使い分けるのがおすすめ!

【ママが選ぶ】流せるおしりふきおすすめ比較10選

流せるおしりふきについて説明してきましたが、情報が多くて結局どれを使えばいいのかわからない…という方は、ぜひこれからご紹介する「流せるおしりふき10選」の中から選んでみてください♪

水99% Super トイレに流せる おしりふき 90枚 2個パック

赤ちゃん本舗のおしりふき

1パックの内容量が多いので、トイレや部屋に置いて使うのにとても便利です。

成分の99%が水で出来ているので新生児からトイレトレーニング中の子供まで安心して使えます。使用したママさんからは保湿力があって良いと言う評価が多く、乾燥肌の赤ちゃんや冬の時期に特におすすめです♪

商品詳細

化粧品の技術を応用して作られた新生児期から使える程お肌に優しい流せるおしりふきです。「水」にこだわった「超純水」を99%以上使用しています。

パラベン、プロピレングリコール、アルコール、香料は不使用で防腐剤を必要最小限に抑えて作られた赤ちゃんの肌に優しい成分と素材です。

さらに、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸の保湿成分でお肌に潤いを与えてくれるのも嬉しい!

ムーニー トイレに流せる おしりふき 詰替用50枚入×8個

ムーニーおしりふき

1パック50枚入りはそこまで大きくなく、荷物がかさばらないので外出するときに便利です。

また、適度な枚数でパックで小分けされているため、使用していくうちにシートが乾いて最後の方のシートが固くて使えない…なんて事がないのもポイントです。

紙おむつでも人気の「ムーニー」が出しているおしりふきなので、信頼できてコスパも良いのが特徴です!紙おむつとおしりふきをムーニーのラインで使っているママさんも多いようです!

商品詳細

極細繊維を織り上げており、軽い力で拭けて赤ちゃんの繊細な肌にやさしい素材です。

また、パラベン・アルコール・香料不使用の無添加で作られた成分なので安心!作っているのが日本で確かな品質で信頼もバッチリです◎

メリーズ するりんキレイおしりふき トイレに流せるタイプおでかけ用 20枚入り

メリーズおしりふき20枚

トイレトレーニングが始まった子供のお出かけに最適!

赤ちゃんを卒業してお兄ちゃん、お姉ちゃんになるとおしりも自分で拭けるようになるので、後始末も楽になります♪

トイレトレーニングが安定したら、お出掛けするときはこの枚数があれば心配いりません。しかし、家で使うにはコスパが良くないので、お出かけ専用とお家用の大容量パックで使い分けるのがおすすめです♪

商品詳細

何度もこすらず、するりんときれいに落ちるのでお肌に優しい素材のシートを採用しています。もちろん成分もパラベン、アルコール、香料不使用の無添加で安心して使えます。

パッケージにも秘密があり「なみなみ」形状の取出し口のおかげで1枚ずつが取り出しやすいのもお出かけ先で重宝します。

メリーズトイレに流せるおしりふき 64枚×3P

メリーズおしりふき

メリーズの容量が多いタイプです。メリーズをお家で使いたいときは64枚入りだとたくさん使えてコスパが良いのでおすすめです♪

メリーズ独自の開発で汚れをすっきち落とす素材なのに肌に優しいシートがとても魅力的です。

かわいいメリーズのウサギさんのキャラクターの絵も子供達が喜ぶので、ママも思わず使いたくなります♪

商品詳細

乳幼児からトイレトレーニングの子供まで使えます。すっと汚れが落ちるので子供が自分でおしりを拭くのにもおすすめです。

弱酸性、アルコールフリー、無香料の安心の成分のほかに保湿成分もしっかりと入っているのでお肌の乾燥の心配もありません。

ピジョン トイレで流せるおしりナップ 70枚×6個入

ピジョンおしりふき

使用したママさんの声では「破れにくい、紙の質がよく拭きやすい」「柔らかい」と紙質に一定の評価があり、信頼できる商品です。

ただ、水分量が少し足りないと感じるママさんもいて、乳幼児の赤ちゃんではなく、トイレトレーニングをしている子供に使うのがおすすめです。

1パック70枚入りと枚数も程よく人気のおしりふきです。

商品詳細

ピジョン独自のシートは厚手で破れにくいのに柔らかく子供自身が使うのにもぴったりです。

ベビーローション配合でお肌もしっとりと乾燥から子供の肌を守ってくれます。アルコールフリー、無香料で成分もお肌に優しい♪

ヒアルロン酸配合 トイレに流せるおしりふき(64枚入×3コパック)

ヒアルロン酸おしりふき

シートはふんわりと柔らかく優しい拭き心地で汚れもしっかりと落ちます。保湿成分配合で使用後もしっとりしていると、ママから定評のあるおしりふきシートです。

しかしパックのシール口がかたく使いづらいという声もあり、蓋や容器に入れて使うとストレスなく取り出せるので、使う時はケースや容器を用意すると良いでしょう。

商品詳細

ヒアルロン酸配合のとてもやわらかいふんわりシート。赤ちゃんのお肌に優しく、軽い力で汚れを落とす事が出来ます。

ノンアルコール・無香料なので成分も申し分なしです。トイレトレーニングが始まった子供の使用に最適です。

昭和紙工 トイレに流せる 赤ちゃんの おしりふき 60枚 5個入×6パック

昭和紙工おしりふき

この商品は紙の専門家が作ったおしりふきで、99%水でできています。

赤ちゃんの肌かぶれ防止やかゆみ解消に使われる桃の葉エキスが配合されているので、おしりの肌もケアできて、おむつかぶれともさよなら!

水分をたっぷり含んだシートはおむつの赤ちゃんからトイレトーレニングの子供まで長く使えるので、小さい子供と赤ちゃんがいるママさんにおすすめです。

商品詳細

ティッシュでも有名な「ネピア」から出しているおしりふきです。アルコールフリーで桃の葉エキス配合の安心の日本製です。

紙のサイズも120×200(mm)と使い勝手のいいサイズ感もポイントです♪紙に関するエキスパートの会社が作るおしり拭き…とても気になります。

Kirkland カークランド 水に流せるおしりふき

カークランドおしりふき

子供だけでなく、普段からウォレットを使う大人でも使用する海外ブランドの流せるおしりふきです。アロエベラ成分で保湿もばっちり!

プラスチックの蓋がついていてシートが取り出しやすく、中のシートが乾燥するのを防いでくれます。

また1パックが60枚入りなので持ち運びにもお家使いにも、マルチに活躍します。乳幼児には使えないのでトイレトレーニングをする子供から使用しましょう。

商品詳細

肌に優しいアロエベラ成分で保湿もばっちりです。シートは厚めでそれなりの濡れ具合です。

可愛いパッケージデザインもおしゃれ!香り付きシートでしっかりと香りを感じるので苦手な人もいるため購入する際は注意が必要です。

99.9% 流せるおしりふき(60枚入り3個パック)

水99.9おしりふき

99.9%水成分で、高品質なのに安いコスパが最高にいいおしりふきシートです。

紙質も柔らかく、そこそこの厚みで水分をたっぷり含んだシートです。乳幼児からでも使えて評判が高い人気商品です。

商品詳細

薬液の99.9%が純粋水を使用した限りなく水に近く赤ちゃんへの安産性を考えてつくられたおしりふきです。

パラベン、アルコール、香料、PGなどは一切使用しておらず、皮膚刺激性テスト済みの安全性の高いシートです。

(※すべての人がアレルギーを起こさないよいう事ではありません。)

アンドコンフォート 流せるおしりふき (70枚入×2コパック)

アンドコンフォートおしりふき

新生児期から使えるおしりふきシートで、コスパも優秀な人気商品です。

あまり知られていない製品ですが、シートの水分量、使い心地の良い素材、コスパもバランスがよく、リピートして使っているママさんもいます!

新生児からずっと長く使えるコスパが良い商品を知っておくと、経済的にも嬉しいですね。

商品詳細

新生児から使える安心設計でトイレに流せる水解製パルプ不織布を使用しています。

パラベン無添加、ノンアルコール、無香料の成分で赤ちゃんでも安心して使えます。

シートのサイズも200×125(㎜)と使い勝手のいいサイズです。

流せるおしりふきに関するQ&A

流せるおしりふきについて聞きたい事や疑問を持っていても、なかなか人に相談できない…。

そんなママさんのために、ネットで多い流せるおしりふきの疑問や質問をご紹介してきます♪

おしりふきはいつからいつまで使うの?

おしりふきは新生児期~4歳5歳ごろまで使う人が多いようです。

個人差がありますが、しっかりとトイレが出来て自分でおしりがキレイに拭けるようになれば、ママがおしりを拭く必要がなくなります。

なんとなく自然に使わなくなったというママさんが多いようなので、終わりの時期は人それぞれです。

流せるおしりふきは一度に何枚使う?

2枚以上5枚未満というのが多いようです。

また、おしりふきシートの厚さや強度によって使用枚数も異なります。薄いもの、破れやすいシートは柔らかくて肌あたりが良いですが、使用枚数は多くなりがちです。

逆に厚いもの、丈夫なシートは肌触りは固いですが、1回で使う枚数は少なく済みます。

素材のいいとこどりした商品もあるので、なるべく少ない枚数で使えて肌にも優しいおしりふきを見つけるのが大切です。

おしりの拭き方は?

まずは大まかな汚れを落とします。(私はつけていた紙おむつでざっくりとまず拭いてます…)

男の子は排尿部分や足の付け根を掃除します。肛門は最後に丁寧に拭きます。

女の子は尿道にうんちが入ると感染症に原因になるので、必ず前から後ろに拭いてあげます。

なかなか汚れが落ちないうんちの時はごしごしせずに、ぬるま湯のシャワーで流してあげると清潔で肌にも優しいです。

流せるおしりふきが詰まることもあるの?

節水型のトイレだと、稀に流せるシートでも詰まる事があるようです。

解決方法としては一気に多くの枚数を流さないこと、トイレにシートをいれたらすぐに流さずに、シートがしっかり水に浸るまで時間をおいてから流すと良いそうです。

トイレが壊れると大人も困るので気を付けたいですね!

流せるおしりふきは100均でも買えるの?

100均でもおしりふきは売っています。

しかし1パックの入り枚数や成分、製造国のことを考えると100均で買うより、ドラッグストアやネットで購入した方がコスパも良く品質の安全性も確認できるのでおすすめです。

流せるおしりふきおすすめ比較まとめ

流せるおしりふきと言えばトイレトレーニングが始まる子供むけのイメージが強いですが、赤ちゃんでも使えて成分が考慮された商品も多くあり、驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

トイレトレーニング中の子供と乳幼児といった小さな子供が何人かいるママさんにとって、流せるおしりふきはとても便利です。

また、普段流せるシートを使っていないママさんも、便利でメリットがたくさんあるのでぜひ一度使ってみてください♪

暮らし

Posted by kana